UTADA UNITED 2006 BBS

■■ 注意事項 ■■
この掲示板では新しい書き込みはできません。
皆さんありがとうございました。

[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[267] 読んでくださってありがとうございます 投稿者: 投稿日:2006/09/17(Sun) 22:11  

iさん
UD06MVP女子なんて嬉しいです。そしてライブレポを褒めてくれること本当に嬉しいのと、ライブに行けなかった人達や、ライブに参加された方に何か届くといいなと思っておりました。

10公演でも、結構ハードだったのに23公演をやりこなしたヒッキーは本当にすごいなって痛感しました。

http://homepage2.nifty.com/uppe/


[266] This phase is over but it also means another phase starts. 投稿者: 投稿日:2006/09/17(Sun) 15:08  

おはこんばんちは、i_(AI-Shadow)です。

遅くなりましたが(もう1週間前か。光陰矢のごとしだね)
UTADA UNITED 2006全23公演、無事終わりましたっ。

皆勤&完走おめでとう&ありがとうHikki!

反省点は、恐らくこれにかかわった総てのひとたちそれぞれに、
多かれ少なかれあると思います。過去には二度と戻れないので、
これをいい材料にして、時の軌跡をまた新しく作っていきたいですっ!

そして、TEAM ANIYANのみなさん、管理お疲れ様でしたっ!
この掲示板、楽しかったですよ〜普段共和国の掲示板に
書かれない人たちが、たくさん書いてくださったので。
ロボット投稿については、仕方ないことですしね☆
また次のツアーでは、設置を希望したいと思います〜!!
ありがとうございました(^∇^)

ラスト・レス♪


>>> 東京に仕事で来ている自分 さん
3回の公演を見られたんですね、はじめまして。m(_ _)m
たった1ヶ月足らずの間に公演に生まれたであろう数々の変化を
その3回を通じて感じてってくださったようで、
レポに表現なさっている様々な感情には共感することしきりです。
宇多田共和国は、ファンサイトでは老舗の部類に入るうえ、
現在の管理人さんは後を引き継いだ立場ですから
そのご苦労は、想像できません。あり難いことです。
いろいろなファンの方々がいらしてくれて、
様々な思いを書き綴っていってくださる場が確保されること、
僕も非常に貴重なことだと、思います。

>>> みつ さん
丁寧且つ思い入れたっぷり克明に臨場感たっぷりにたおやかに
細やかな心遣いに溢れた最終日(を中心とした)ライヴ・レポート投稿、
どうもありがとうございましたっ! 自意識過剰と謗られようが
思い切って書いてしまいますが(笑)、無意識的に 僕の2年半前の
ライブレポートを読んでくださった‘痕跡’みたいなものを
感じられて、ひとりで妙に照れてしまいました。(苦爆)
中でも特に「映画“春の雪”の原作に最も近い不穏な屈折感」という
視点は、僕にははっとさせられるもので、非常に参考になりましたっ!
いいレポです☆ また次回のコンサートツアーも、ご一緒したいですっ!(>∇<)

>>> タンボ さん
福岡公演、特に2日目だったかな、歌唱の評判がよかったですねぇ全体的に。
祝い歌の披露、なんていうスペシャルな企画も当地だけだったようですし。
Hikki自身は、自分の声がかすれている方が好きみたいですよ。(笑)
http://www.toshiba-emi.co.jp/app/scripts/emilog.php?id=hikki&no=242
次のライヴでは、もっとかすれてくるかも〜(^∇^;
てか、もともとクリーンな歌声の歌手じゃないっすからねぇ。
コーラス・ハーモニーはいつもキレイですが。持ち味ということで許してあげて下さいなw

>>> みみ さん
ご心配なく。あの日のHikkiは絶好調でしたよ〜。
セットの中で一番難しい“You Make Me Want To Be A Man”を
難なく歌い切ってましたから。喉の心配は全くありません。
多少MCでは声が掠れていましたが、あれくらい使い込んだ感じの方が、
歌うにはちょうどいいともいえますし。「First Love」と「FINAL DISTANCE」で
苦しそうな表情だったのは、寧ろ、出過ぎる声を抑えるのが大変だった、
というふうに僕の目には映りました。最終日は繊細な曲で苦労、
パワフルな曲(他にリスクとかね)は力が有り余る位だった、てのが僕の総評デス。

>>> 白くま さん
次のツアー、また早くやってくるといいですね!
DVD、充実したものになっていそうです、特に、
キリヤンの映像演出は、あらゆる角度から見れるように
編集してほしいな〜って思いますよ!

>>> けい さん
10公演参加、そしてレポ、ありがとうございました!m(_ _)m
僭越な言い方しか出来ませんが、最後の青い字で書いてくれた箇所、
2ヶ月見てきてくれた人ならではの大きく広い視野と心を感じました。
UD06MVP女子は、アナタだと思いますっ拍手っ!
(真ん中の“V”は、“Volunteer(ed)”のVですw)

>>> Cozy さん
代々木最終公演、ご一緒できてよかったです♪(もちろん前日からのオフも!w)
6年前を知らないので、簡単には比較できませんが、
首都圏のライヴであれだけの歓声をきけた、というのは、
僕も素直に嬉しかったです! 次回はこれ以上のものにしたいですね!

>>> コウ さん
朝のテレビで取り上げられていたんですね☆
情報ありがとうございます〜。やっぱり、あの笑顔が
ブラウン管(そ、そういえば最近は液晶や有機ELも普及しててこの表現が
素直に使えなくなりつつあるのだった・・・時代の流れだなぁ@凄く余談(苦笑))から
流れてくると、またライヴが恋しくなりますか?w 僕もそうです〜(^^;
ファンもアーティストも、今回の経験をよくいかせるくらいの
ブランクでまた、ライブ・ツアーをやってくれたらいいのにな。

>>> いけ さん
「traveling」、映像演出があのインパクト抜群のPVがベースに
なっていますから、場内はかなり盛り上がってましたね。
車掌さんコスプレについては、NHWBBSにご本人からレポが掲載されていましたよ。
http://6704.teacup.com/cskm24/bbs (9月12日(火)午前の投稿でしたv)
最後の最後に、ようやく(?)車掌さんが出てきてくれたわけで。
次のライヴからは、名物になるかもしれませんね〜車掌さん帽子♪

>>> さぶ さん
UTADAの3曲の凄まじさは、後に伝説として語り継がれると思います。
ウッドストックとかレディングとかウェンブリーとか、そんな風に「ヨヨギ」の
名も残るんじゃないかな〜。そして大抵そういうパフォーマンスの存在は、
時間をかけて徐々に浸透していきますから、UTADAの評価が上がるのは、
これからになるんじゃないですかねw

>>> もえか さん
・・・いや、今度からさん付けやめよう。(笑) それはさておき。
やっと。やっと会えましたねっ。ったくもーキミって人は。(笑々)
> 人数が多いだけに色々ありつつも(笑、ってそんなごまかし方でいいのだろうかw)、
・・・ってこんな書き方やったら何かアクシデントあったみたいやんかっ。
単に記念撮影とかしてただけじゃないっすか僕らは。
次は、是非オフ会にも参加してね〜!(^∇^)

>>> タロー さん
このライヴツアーに限らず、かなり多くのソールドアウト公演では、
当日券が出る場合が多いですよ。というのも、
直前にキャンセル分をまとめて放出することがあるからです。
代々木両日共、当日券販売が正式にありました。
公式に手に入れられなくても、金券ショップや、当日急遽一緒に来る予定だった人が
来れなくなってチケットが余ったり、なんてことはザラなので、
もしご近所であれば、とりあえず現地に向かってみるのもいいかもしれません。

>>> RRS さん
広島公演レポ@速報、ありがとうございましたっ!
みんな、気にしているようだったので、助かりましたよぉっ(^。^)
そして、まるで、RRSさんのカキコミをHikkiが読んだかのようなタイミングで、
メッセが更新されましたね〜。といっても、
なんであんなネタなのかという気もしましたが。(爆)
実際、代々木2日間のHikkiは元気いっぱいでした!素晴らしかった!!

>>> ふみ さん
業務連絡です〜メールアドレス、誤記入されてますので、
次回のカキコミからは訂正よろしくです☆ ・・・総合掲示板ではクッキーがきいてるので
たぶん、修正の必要はないと思いますがっ。

>>> 広島ライブ参加者 さん
実に長大なライヴ・レポ、どうもありがとうございますっ!!
非常に文面が個性的で、即ちならではの視点で綴られていて、
読み応え十分でしたっ。「もし自分が読み手なら、こういうレポが読みたい」
というスタイルを、自ら実践されている、という印象をもちました。
その態度そのものを含めて、ファンとして、Hikkiへの愛情表現に対する、
いい意味でのこだわりに沿って描かれたライヴレポの風景は、
非常にリアルで、何より、長年ご覧になってきた蓄積・経験が
とっても味わい深くって、読んでいてじわじわと幸せな気分に浸れていきました。
(その分、なにやら親類に偶然街中で出会ったような、
 ヘンな気恥ずかしさも感じたんですけどね。(苦笑))
ところで、え〜っと、メアドとHNは、どうしましょう?(汗爆)

>>> ペンギン村 さん
広島公演2日目のレポート、どうもありがとうございました☆
当地では、よほどHikkiも自らの好調を感じたのか、
MCの内容が元気一杯だったようで、それがきけて何より嬉しかったです♪
自分のことを褒めた次の瞬間にはカラダ張って自虐ギャグをかましてくれるところも、
デビュー当時から変わらないいつものHikkiの感じで、嬉しいですねv
前から6列目だと、Hikkiの瞳の表情まで見えてしまいますもんね、
その「6〜7秒」は、非常に貴重な体験だったと思います。ライヴの醍醐味といえるかも。

>>> すぎっち さん
広島公演2日目、参加してくださったんですね、どうもありがとうございます☆
「COLORS」は、本当にどの公演地でも大評判という感じなんですね。
一番安定して評価が高かった曲の存在がある、というのを知れるのは、
とても興味深く、且つその情報をお教えくださり、感謝しきりです。
なお、投稿の際、メールアドレスを記入しないことが何度も続いた場合、
管理人さんの判断によっては投稿が削除されることがありますのでご注意くださいね♪

>>> びすとろ さん
「Be My Last」で今泉さんという女性のチェリストを起用した理由を見抜くまでに
数公演を僕は要したのですが、それにしても宇多田ヒカルという人の洞察力には
度肝を抜かれてばかりです。今の彼女の表現力を最も引き出す楽曲が「Be My Last」で
あったろうことは、少なくとも、本人からすれば確信していることでしょうが、
それが万人に伝わったとは言い難い。非常にチャレンジングな試みでした。
できれば、23公演総ての「Be My Last」を聴いてみたかったです。しまった。

>>> マロン さん
どうしてあの人はあそこまでテッテー的に可愛いのでしょうね〜?(笑)
歌の内容についてはいろいろ喧しかったですが、
なぜか彼女の笑顔の魅力については、大多数の人が認めるようで、
アーティスト・宇多田ヒカルの一番のライバルは、もしかしたら
アイドル・宇多田ヒカルの存在なのかもしれませんね。(^∇^;
でもそれも、UTADAのときはがらっと違うキャラクターを見せてくれていたので、
彼女の変幻自在の“演技”のうちのひとつかも、しれませんよ?・・・って、
まさかあの挙動不審なMCがわざとだなんて、ありえないかやっぱり・・・。(苦笑)

>>> ゆうこ さん
広島一日目について書いていただき、どうもありがとうでしたっ!
「音楽に詳しくない」と謙遜されてますが、コンサートを楽しむのに、
知識や何やらは別に必要ないと思いますよ〜。色々知ってればそれはそれで
楽しめることも増えますが、向こうはプロなんですから、どんな人が
来ても楽しませてやる!くらいの気概が必要だと思います。
チケットはかなりの高額ですしね〜。(@∇@;
ですから、シンプルに「バラードとかを完璧じゃなくてもそれに近い形で聴きたかった」
というふうに仰っていただけると、非常に参考になると思いますっ。

>>> NY723 さん@メールありがとうございますっ
愛媛公演をご覧になり、続いて広島ライブ参加者さんのレポを読んで
好調が続いていることを知り、そしてまた代々木の地で、
ご自分の目でHikkiの様子を体験なされた、っていう流れが、
遠くのファン同士がユナイトすることによってつくられていく、、、なんか、素敵ですね。
複数公演見られたNY723さんの、総括レポみたいなものも、
ちょっと読んでみたいなぁと思いました。

>>> かづ さん
どうしてでしょうね、MCの頼りなさ(失礼(苦笑))と
歌っているとき、特にUTADAの3曲のときの神々しさは、
まるで別人、、、いや、まるで別の星の人のようでした。
かづさんも、僕と同じように思われたんですね。
ヘンにMCに慣れてしまうよりも、今のほうが面白いかもしれません。(^m^)
会場案内の方、よい人に巡り合われたようで、何よりでした。
時と場合によりますので、運がよかったと思っていいのではないでしょうか。

>>> らいおんo さん
可愛いので仕方ありません。僕もその記憶が一番強いですもの。(笑)

>>> MJ さん
アナタには毎度ながらかけることばが見つかりません。(爆)
まぁ、実害はなさそうだし、普段仲よくなさってらっしゃるし、僕の知らない約束なども
あるのかもしれないのでこちらから口を挟むのはやめておきますが・・・いちおう、
ハンドルネームというのは、個々人の自由ですし、
それぞれに(伺ってみなくてはわからない)事情(軽いものから重いものまで)が
あったりしますので、他の方相手には、やめておいてくださいね、
他所で使っている名前を書いてしまうのは。

>>> フックン
全力でした!(笑) 楽しかったね〜また次回(いつだ?w)も全力で会おう!!

>>> しのさん
ライヴレポのコピペ、こちらの要望にこたえていただき、どうもありがとうございますっ!
今回のツアーでは、メッセでくまちゃん日記が人気でしたからね、
ちょうど北海道での公演のときには、くまちゃんに関するあれやこれやが
発見できて、Hikkiもきっと嬉しかったんじゃないかな。
MCでたくさんそういうことについて触れてくれると、親近感がわきますね。
お客さんがおとなしいのは、おそらく真駒内に限らず、
日本全国どこででもだったように思いますよ。まだまだ、ファンのほうに
ライヴの経験が不足していて、なかなかどうやって盛り上がったらいいか
わからない、って言うのが、大きいんじゃないかな。次回のツアーでは
みんなもっと“素直に”なれたら、いいのにね(^^)



それではまたごきげんよう、i_(AI-Shadow)でした、ばいちゃ☆


[265] みなさんに感謝 投稿者: 投稿日:2006/09/17(Sun) 11:13  

宇多田共和国の管理グループです。

UTADA UNITED 2006 ライブツアーも終了し、「まだライブに行ってない方が総合掲示板でネタばれ書き込みを見てしまうのを防止する」というこの掲示板の役割も終了致しました。
そこで、この掲示板は本日で書込みできない状態に致します。

今後は、総合掲示板で思いっきり書いてください。

この掲示板も途中、荒らし書きこみがひどくなったりと大変ご迷惑をおかけした時期もありましたが、みなさんのお陰で最後は無事終了となりました。

本来は一人一人のお名前を挙げてお礼を述べるべきところでしょうが、これにて失礼致します。

みなさん、本当にありがとうございました。


[264] ほんとのいまの気持ち 投稿者:東京に仕事で来ている自分 投稿日:2006/09/16(Sat) 01:56  

管理者の方がしっかりと運用してらしゃるので
初めて書かせて頂きたいと思いますがよろしくです。

さいたま2日目・代々木 1日目、代々木 2日目
計3回参加させて頂きました。

ライブは本当に久しぶりでした。
「さいたま」で初めてヒカルさんを見る事が出来ました。
仕事を夕方から休み、急いでさいたまアリーナへ
Opening > 高ぶり
Passion 〜 Movin' on without you >殆ど放心状態(実際良く覚えてない)
SAKURAドロップス・FINAL DISTANCE > あれっ?
あとは意味不明でした。こんなライブ?ってどう
一瞬座りかけました。
200レベルステージサイド、カメラが行き来している前でした。
UtaDaリリースが始まり、歌声の苦しさに不意に体に”力”が入り、がんばれって(せん越だけど)思った。
頑張っているヒカルさんの姿にUNITEDという状態になれたように少し感じました(意味違うけど!)。

今となっては、こころに残る「ライブ」魅せて頂けたと思っています。
終了後、UNITED2006・BLOGの書込みは知っての通りです。
私も書込みした1人です。(悲しい・と言う言葉を使いました)

私自身音楽的な知識も無く、アレンジに対して分からない人間なので「Be My Last」以降の楽曲に対して違和感を持ってましたが、その後各方面のBLOGを読み進むうちに、もしかしてって、もう一度・・という気持ちが起こり、幸い代々木までの期間に、準備が出来たように感じており、このINTERNET環境に対して、いまさらながら感謝しています。

代々木1日目のヒカルさんの「気迫」
 「FINAL DISTANCE」で聞き入ってた時涙がこぼれました。
 「リスク」の巧さ
なんて強い説得力(適切な言葉ではないと感じてますが・・)
この女性のすごさを感じました。
ボキャブラリの少ない私が書くより、
他の人がもっといい表現を書いているのでここは割愛しますが、
私は代々木1日目が3日間の中で一番残りました。
ここ以降「Be My Last」からについて少しだけ理解(せん越だけど)できたきがして
移入がストレートに出来た気がします

代々木2日目は「終わるのが信じられない・・」コメントの連発は
本人がスタッフを代表して余りある言葉として聞こえたように思ってます。(自分もそうそう・・って)
以前誰か書いてましたが、大きい・苦しいときを超えたグループメンバーは
なんとなく、瞬間的に気持ちが通じているように感じますよね!(離れる人も多いけど)
Opening > あいかわらず高ぶり
SAKURAドロップス >声音の説得力に苦しいぐらい
DEVIL INSIDE 〜 YOU MAKE ME WANT TO BE A MAN >かっこよさ
(この日の3曲は残ってますね)
MC & Letters >気がつくと”えっ”って感じ
UNITED 誰が考えたタイトルなのか、会場(って言う言葉使っていいか判らないが・・)が本当にヒカルさんとの呼吸が良かったと感じた夜でした。

銀色のテープを振りながらまた魅せてね・・って
「めざましテレビ」告知から、長い夏が終わったって、
渋谷駅(原宿はちょっと苦手)迄歩きながら、浸ってました。

楽しい時間は短いけど、待ってる時間は長いけど、本当に感謝したい気持ちと、寂しさと、未だに感じるグルーブと、てるざねさんへの厳しい気持ちと、大事にして欲しい才能に、これからも「ファンでいつづける自信」(がんばる・・うん!)を持ちたく思いました。

こういう形で拝見できるサイトを運用して頂いている管理者様に感謝します。
(長文ですみません)


[263] UTADA UNITED 2006 私の最終日 投稿者: 投稿日:2006/09/14(Thu) 13:20  

仙台2日目
静岡2日目
埼玉2日目
東京1日目
東京2日目
以上の4会場、5公演に参加。
最終日を中心に、参加できた公演を振り返りながら書いてみました。

いよいよ最終日、万感の思いで代々木に向いました。
日曜日でごった返す原宿駅でも、前日出合ったファンの方たちにはすぐ気付き、挨拶を交わしました。午後3時、開演まで2時間もあるのに、厳しい残暑の日盛りの中に、多数のファンがそこここに集ってきているのは、今日という日に、ここでしか会えない人との交流が、すごく楽しく貴重なものだからでしょう。
他会場でも和服姿とかライブ衣装をマネての趣向を凝らした装いのファンを見かけましたが、この最終日は凄かったです!くま着ぐるみにtraveling衣装、ツアーの白黒の羽ドレスに赤ドレス、アニメのコスプレなど、応援モード全開でファンが集結した模様は圧巻でした!!

会場に入り、通路を進んで行くと多数のお祝いの花篭が飾られていました。一番奥にファン一同と書かれた、NHWと共和国連名の花篭があり、管理人さんの気配りに感謝しています。

2階席で、会場全体が見渡せ、ステージの演出も隈なく堪能できる席でした。
代々木第一体育館はステージと真向かいのスタンド席は無く、一見そう広く感じないのですが、報道によると12000人の観客だったらしいです。

開始時間より、10数分遅れて、突然照明が暗転すると、ざわざわしていた客席に、一瞬息を飲むような気配、直後にウァ〜というどよめきが沸き起こり、ステージ中央の真四角なスクリーンにヒカルさんのアップが映し出されると、もう舞台に釘付けです。髪の毛が揺れているのに瞬きもしない、大きな真っ直ぐの目、なんて綺麗な人なんだろうとボーと見詰めてしまう。ここで流れる「EXODUS」のOpening曲は、ぞくぞくと心を揺らしてくる。

歓声を打ち消すように「Passion」のイントロのコーラスが流れ、ステージに突然ヒカルさんが現れ、いきなり歌っている。今回で5回目だというのに、またここで思考停止に陥った私は呆然としているようで、実は混乱。堂々と歌うヒカルさんより、観ている私の方が緊張しているのはなぜ?(さぁね)

叫ぶような第一声(聞き取れていないけど「さぁー行くぜい!」みたいな感じ)で我に返り、2階席も総立ちになり、手拍子にも力が入る「This Is Love」。ここまではヒカルさんしか目に入らない。

「traveling」ではスクリーンやステージの光が自由奔放に飛び出し、流れ、激しく点滅して目まぐるしく、ヒカルさんの姿を度々見失って(汗)、光の映像に感嘆!感激!!初めて観た仙台では涙が溢れてきて、映像にこんなにも感動するなんて、自分でも不思議でした。回を重ねる毎に、毎回同じ(?)なのに、鮮明になり、輝きは増し、この映像や光の演出を心から楽しんでいる自分に気付きました。

私にとって「Movin'on without you」は初期のヒカルさんそのもののイメージです10代の「ボヘサマ」ライブでは、背伸びした悩ましげな歌に聴こえたのですが、「ヒカ5」ライブでは大人っぽく歌いこなし、今回のツアーでは、随分と楽しんで歌っているみたいでした。映像も遊び心をくすぐる艶っぽさで、思わずニヤリ(笑)楽しいものでした。

解き放たれていた心も「SAKURAドロップス」では一転して、水の落下音と吐息にザワザワと乱されてきて、出だしのアカペラ歌唱に思わず息を呑み、ゾクゾクと鳥肌立ってきました。桜の映像の美しさに見とれながらも、グイグイと歌の世界に引き込まれていきました。桜色の光は美しいけど、永遠ではない儚さも秘めていて、歌声の切なさと相俟って胸に響いてきました。

「FINAL DISTANCE」は「SAKURAドロップス」の余韻が覚めやらぬまま聴いてしまったので、ちょと印象が薄いのですが、すごく丁寧に歌っていました。

次の「First Love」を歌う前には「15歳の時に作った歌」と毎回、懐かしむみたいに言ってました。この歌はいつ聴いてもさほど年齢差を感じないですが、その時の心情や喉の具合によってでしょうが、微妙に違って聴こえます。

スクリーンに木立や稲光りが映され、雷鳴や嵐のような不安定な音が唸り、代々木ではここでヒカルさんの詩の朗読が流れました。この会場で初めて聴けたので、耳を澄ましましたが、大半覚えていません(汗)。詩を印刷したものが欲しいです。

衣装替えして、ここから3曲はUtadaの曲で、宇多田ヒカルと同じ人なのに、なんか雰囲気がえらく違うのは衣装のせいばかりではないでしょうね。空気震わす心地良い音に、クールで伸びやかな歌声にグイグイ惹き込まれて陶酔、とっても気持ち良かったです。もっともっとUtadaで歌って欲しかった。

黒いドレスを脱いで、赤い衣装で現れたヒカルさんは、チェロの伴奏だけで、「Be My Last」を歌い上げます。これから3曲のバラードは、スタンド席では座って静かに耳を傾けている人も多かったです。CDとも、テレビで披露したチェロバージョンとも、オーケストラバージョンとも違うアレンジでしたが、映画「春の雪」の原作に最も近いような、不穏な屈折感に満ちていて心に残りました。

「誰かの願いが叶うころ」も今まで聴いたことの無いアレンジでしたが、バックのスクリーンの映像と相俟って、ライブの方がより強くメッセージを感じさせるものでした。この曲の終盤から、次の「COLORS」のイントロに繋がっていくところが大好きです。

「COLORS」は仙台で最初に聴いた時は、なに?って思うくらい、オリジナルと違っていました。かなり切なさが増して、「誰叶」と一対になっているようで、この2曲は私としては一番の聴き所でした。

「Can You〜」からの3曲は再び総立ちで力強い手拍子が鳴り響き、会場全体が揺れんばかりの大盛り上がりとなっていました。「W&C」はヒカルさんも自ら気合いを入れ、力のこもった大熱唱で感動しました。

次はヒカルさん自身が大好きな曲という「Letters」。毎回言うので、何処が好きなのか訊いてみたい(笑)。実に気持良さそうに歌い上げている。

「Keep Tryin'」は回を重ねれば皆で歌える曲になるでしょうから、今後のライブでもずーとやって欲しいと思いました。この曲の終盤からアンコールへの幕間に、スクリーンに客席が映し出されるので、どの会場でも観客が一体になって楽しく盛り上がれ、とてもいい演出でしょうね。

そうこうしているうちに、この大会場でも手拍子が揃って打ち鳴らされ、再びヒカルさん登場に大歓声。明るいピンクの衣装に満面の笑みで、遠目にも溢れんばかりの可愛さ。アンコール1曲目の「Automatic」は軽快に楽しく、客席も揺れている。

バンド紹介、ツアースタッフに労いの言葉を掛け、最後の「光」を丁寧に熱唱してくれる。最初は手拍子、中盤から左右への手振りで一体となった客席。もう終わってしまうのとうい溜息がもれてきそうな雰囲気の中、キラキラとした紙吹雪が舞い降りて、歌が終わりました。この日のヒカルさんは、最初のトークから、今日で終わってしまういう名残惜しさを滲ませて、歌も一曲一曲をかみしめるように、力が入っていたようです。

バンドメンバーと手を取り合っての最後の挨拶の時、パンッ!という爆発音と共に銀色のテープが飛び出してきました。「ああ、ビックリした」と驚くヒカルさん。その銀のテープを打ち振って別れを惜しむアリーナの光景が今も目に浮かびます。

2ヶ月に及ぶ長い夏ツアー、本当にお疲れ様でした。
私が参加した5回を振り返ってみて、同じステージは二つと無く、それぞれ違ったパフォーマンスを見せてくれましたが、埼玉二日目が特に印象に残っています。喉不調もあったかも知れませんが、それを補い、あまりある渾身の歌唱で応えてくれました。あの日に参加できて良かったと心から思っています。
「ありがとう」この気持をヒカルさんに伝えたい。


[262] こんにちは。 投稿者: 投稿日:2006/09/14(Thu) 11:04  

私は福岡のライブに行きましたが高音が出てなかったということは無かったと思います。
綺麗に声もすんなり出てたし。
ただ、若干かすれてる感はあったかもしれません。
ヒッキーの場合、MCは少なくて殆んど歌を歌ってばかりでしたから仕方が無い面はあるかな・・・と思います。

次回のライブではその辺も改善されてると良いなぁ。
次回のライブがまた6年後とかだと嫌だけど(笑)。


[261] 声について 投稿者: 投稿日:2006/09/14(Thu) 00:25  

10日(最終日)にはじめてライブへ行きました!
生声に感動し、最後ということで熱くなっているヒッキーに
とても楽しませてもらいました。

ただ疑問がひとつ残りました。
何曲か高音部分が出てなかったのですが、あれは最終日だっ
た為喉が潰れてしまっていたのでしょうか?
バラード曲特に「Be my last〜」の部分なんて全く別の歌に
なっていました。
ツアーの始めのほうは出ていたのでしょうか?
他の日に行った方はどうでしたか?教えてください。

休めば治るのかちょっと心配です。


[260] 終わっちゃったんですね〜・・・ 投稿者:白くま 投稿日:2006/09/12(Tue) 16:03  

ライブ、早くも次回はいつ?って気持ちになっちゃってるんですが・・・また6年後って事はないよね?ヒッキー・・・
とりあえずは今回のDVD発売を楽しみにしようかな?

次のライブでは「幸せになろう」が聴きたいよぉ!!
ヒッキーにリクエストしちゃおっかな(*^_^*)



[258] 最終公演 投稿者: 投稿日:2006/09/11(Mon) 20:45  

遅くなりましたが、最後のレポをUPしました。

7月から始まったツアーの参加した会場、一つ一つ思い出して
いました。

この夏は本当に良い夏になりました。

※ 復旧しました!!

http://homepage2.nifty.com/uppe/


[257] hikki、ありがとう。 投稿者: 投稿日:2006/09/11(Mon) 10:12  

昨日、FINALに参加して、夜行で帰ってきて今うちに着いてちょっと落ち着いたところです。
昨日は本当に参加させていただいてよかったです。
途中、心の中で「頑張って!!」と祈るような気持ちになった部分もあったけど、会場との一体感は一番最高だったんじゃないでしょうか。

hikkiお疲れ様でした。そして本当にありがとう。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso